MENU

通信速度制限4つの対処法

通信速度制限解決ナビへようこそ。このサイトは通信制限を受けて困っていらっしゃる方のために、通信制限対処法をご紹介しているサイトです。


通信制限にひっかかってしまうと、スマホを使うこと自体がストレスになりますよね。そんな煩わしい通信制限に対処する方法が4つあります。


それでは、通信制限対処法をひとつひとつ見ていきましょう。( に更新しました)

今一番使われている通信速度制限対処法:WiMAX


一番多くの人に使われている通信制限対処法が、このWiMAXです。WiMAXさえあれば、もう通信制限に悩される生活をしなくてすみます。

 

WiMAXとは、端末を持ち運びできるので、室内でだろうが外出先だろうが、どこでもWiFi環境にできるモバイル回線です。

 

同じようなものに「ポケットwifi」がありますが、こちらは月間7GB以上データを使うと、通信制限にかかってしまうので、すでに通信制限にかかっているようなヘビーユーザーの方へはお勧めしません。

 

WiMAXの人気の理由は、何といっても「限りなくデータ通信量が無制限に近い」事と「月額料金の安さ」です。月々たった2,726円〜で、スマホやタブレット等の通信制限を心配する必要はなくなります。

 

WiMAXの公式ページはこちら⇒https://wimax-broad.jp

 

WiMAXの詳細はこちら⇒「WiMAXが通信制限対策として人気の理由」

無料wifiスポットを探す



無料wifiスポットでwifiに接続すれば、スマホのモバイルデータ通信を使わずに済みます。


ただ問題は、簡単に無料wifiスポットが見つからないことも多いことです。スタバ等のカフェやファーストフード店も混んでいて座れないこともよくあります。


それと、大勢の人が無料wifiスポットでwifiに接続すると、通信速度が異様に遅くなることも欠点ですね。


無料wifiスポットを使用するときに、最も気を付けなければならない事は、セキュリティです。無料wifiスポットは、誰でも使える環境なので不正アクセスされてしまうことも多いのが現状です。


仕事などの重要なやり取り、クレジットカード情報を入れるネットショッピング、個人情報を入力するなどのやり取りは、セキュリティが不安な無料wifiスポットでやるのはお勧めしません。


自宅のwifiを利用



自宅のwifiを使えば、無料wifiスポット同様、モバイルデータ通信を使わずに済みます。


ただ、スマホを使っていればわかると思いますが、今やりたいことを自宅に帰るまで我慢するのは、けっこう辛いですよね。


この方法は、外出先ではほとんどネットを使わないけど、家の中でかなり使う人には有効な手段です。


有料で速度制限を解除



0.5GB追加で550円、1GB追加で1,000円、2GB追加で2,000円を払えば、通信速度制限は解除されます。


ただしこの方法はあくまで一時的な解決策、悪く言えばその場しのぎなので、毎月慢性的に速度制限にひっかかるようであれば、プランの見直しやモバイル回線の利用を検討するほうが安上がりです。



動画が通信制限にかかる一番の原因

1GBで何時間視聴できるか

 

動画を見ると、どれくらいデータ通信量を消費するかについて、Netflixとyoutubeを例にとって説明します。

 

どちらも解像度(画質)によって、通信量が違ってきます。高画質の場合はデータ通信量が大きく、低画質の場合は小さくなります。

 

Netflix

 

人気の動画配信サービスNetflixを、1GBで視聴できる時間は以下のとおりです。

 

 

上記のように、最高画質である画質無制限で2時間映画を見たとすると、それだけで6GBも使ってしまいます。高画質で見た場合は2GBです。

 

NetflixやHuluなどの動画をよく見る方にとっては死活問題ですね。

 

youtube

 

無料の動画サイトといえばyoutubeですね。1GBでyoutube動画を視聴できる時間は以下のとおりです。

 

 

スマホのデータ定額プランでは動画はキツイ

 

 

一般的にスマホを契約するときに、標準的なデータ定額プランとして5GBを勧められることが多いですが、動画をスマホでよく見る人にとっては、5GBなんてあっという間に使い切ってしまいます。

 

仮にYoutubeを480pの画質で視聴した場合、2.4時間で1GBを消費するので、12時間で5GBを消費してしまいます。データ定額プランが5GBであれば、動画を12時間見た時点で通信制限がかかってしまうのです。

 

でも実際には、SNSやネットサーフィンなど、動画以外にもいろいろとデータ通信しているので、12時間よりもっと早く通信制限にかかってしまいます。

 

動画を1日1時間視聴したとしたら、12日もたないということになりますね。Youtubeでこれですから、Netflixを見る場合は、もっと厳しいです。

オンラインゲームもハマるとヤバイ

ではオンラインゲームはどうでしょうか?

 

ゲームやプレイする環境によって差はあるものの、実はオンラインゲームのデータ通信量は思ったほど大したことはありません。

 

例えば一世を風靡した「ポケモンGO」。都内で実際に1時間プレイして測ってみたら、データ通信量は約15MBでした。前述の動画と比べると、大したことがないのが良く分かると思います。

 

しかし、1日5、6時間以上プレイするヘビーユーザーとなると話は変わってきます。1日6時間プレイすると15MBx6=90MB、一か月で90MBx30=2700MB=2.7GBのデータ通信量となります。

 

ゲームだけで3GB近く使ってしまったら、3GBや5GBのデータ定額プランだと心もとないですね。

意外に大きいSpotifyの通信量

世界で1億人以上のユーザー数を誇るSpotifyやApple Music・Google Play Music・LINE MUSIC・Amazon Prime Musicといった音楽ストリーミングサービスも、意外にデータ通信量が大きいことはご存知ですか?

 

実際に、Spotifyの無料版を1時間聴いた後データ通信量を測ってみたら約70MBでした。

 

1時間で70MBですから、かりに1日2時間毎日聴いたら1か月では、70MBx2時間x30日=4200MB=4.2GBということになります。

 

もし5GBのデータ定額プランなら、これだけでもう通信制限は目前に迫る事態になります。

WiMAXが通信制限対策として人気の理由

月額料金が安い

 

 

WiMAXで通信制限がかからないプラン(ギガ放題プラン)は、月額料金3,411円(最初の2か月は2,726円)で使えます。

 

現在使用しているスマホのデータ定額プランを1GBにすれば、月額2,900円ですみます。それにWiMAXの3,411円を足しても、月々6,311円で事実上無制限のwifiが使えるということになりますね。

 

ドコモのウルトラデータL・LLパック、auのスーパーデジラ、ソフトバンクのギガモンスターという大容量のプランは20GBで月額6,000円、30GBで月額8,000円しますから、いかにWiMAXが安いかがわかりますね。

 

ギガ放題最安プランはコチラ

 

限りなく「使い放題」に近い

 

 

WiMAXを利用するとき、ギガ放題プランを選びましょう。ギガ放題プランだと月間7GBの通信制限がありません。

 

ただし3日間で10GB以上のデータを使用した場合、通信制限にかかる場合がありますが、制限される時間帯は午後6時から翌日の午前2時までの8時間だけで、日中には何の支障もありません。

 

しかも万が一制限がかかっても、約1Mbpsのスピードは出ますから、Youtubeの標準画質の動画であればストレスなく視聴することができます。

 

そもそも、3日で10GBを使える人っているのでしょうか?Youtubeを標準画像で見る場合、3日間で42時間みないと10GBになりません。そんな長時間動画を見続ける人はかなり稀だと思うので、「3日間で10GB」は、ほとんどの人には無縁の話だと思います。

 

通信速度がとにかく速い

 

 

WiMAXの最新機種「WX03」だと、下り最大440Mbpsという、とんでもない速さでインターネットを使う事ができます。

 

これまでの機種では220Mbpsが下りの最大速度だったのですが、それでもスマホのLTE回線よりも圧倒的に速い高速通信が楽しめていた訳なので、440Mbpsの速度は本当に驚異的ですね。

 

最新機種WX03の詳細はコチラ

 

通信費の大幅節約も可能

 

実は最近、WiMAXのユーザーで自宅の光回線をやめて、WiMAX一本にする人が増えています。

 

光回線は月額6,000円〜8,000円程度しますから、これをやめてWiMAXにかえるだけで約3,000円〜4,000円くらいの通信費が節約できてしまいます。

 

一昔前は、固定電話をやめて携帯電話一本にする人が増えましたが、それと同じ流れだということですね。

 

多数のデバイスに接続できる

 

多くの人がスマホ以外にパソコンやタブレットなども持っていると思います。WiMAXはスマホだけでなく、PCやタブレットなど、多数のデバイスにも同時接続できるので、外出先でスマホとPC、タブレットを同時にWiFi環境にすることができます。

 

手軽に使える

 

WiMAXの端末は小さくて軽いので、をいつも使うカバンの中に入れておけば、外出中どこでもwifiを使いたいときに使えます。

 

さらに、光回線などを使う場合、わずらわしい工事がありますが、WiMAXの場合は工事は不要で、最短で申し込みをしたその日からネットを使う事ができます。

まとめ

通信制限に引っかかった場合に取るべき行動は4つあります。

  • WiMAXを使用する
  • 無料WiFiスポットを探す
  • 自宅のWiFiを利用する
  • 有料にて速度制限を解除する

そのなかで、最も多くの人に利用されている方法が、「WiMAX」です。

 

その主な理由は、下記の3つです。

  1. 室内でも外出中でも速度制限なしにWiFi環境をつくれる
  2. 通信費をトータルで見ると、最も安くなる
  3. 通信速度が驚異的な速さ

 

このページの先頭へ