iPhone・スマホ通信速度制限

通信制限にひっかかると、今までストレスなくサクサクできていたインターネットが、とんでもなく遅いストレスまみれな速度に制限されてしまいます。通信速度制限って相乗以上にストレスなんです。

 

なんで僕がこれほどまでに力説するのか?そう、何を隠そう、僕は通信制限にひっかかった事があるのです。でも安心してください。そんな状況にいた僕が必死になって探し出した通信速度制限対処法をお伝えします。

 

通信制限ってどれだけ遅くなるの?

 

通信制限にひっかかってしまったら、通信速度はどのくらい遅くなってしまうか?あなたが最も知りたいことですね。ずばり最大128kbまで遅くなります。128kbって?そうですね。言葉で説明するよりも、実際に体験してもらったほうが理解しやすいですね。それでは下の画像をご覧ください。

 

 

ご覧のとおり、128kbでの動画閲覧はほぼ不可能ですね。正直、128kbの通信速度でできることはメールくらいしかありません。しかし、電波の悪い環境では、そのメールすら怪しいです。

 

 

 

あと1GBってどのくらいもつの?

 

あと1GBって言われても、実際にどのくらいの通信量が残ってるのか知りたくないですか?下記に目安を並べてみます。

 

 

このサイトをご覧になっているあなたは、比較的ヘビーユーザーで動画もスマホでよく見ていると思います。今のままでいたら通信制限にひっかかるのは、時間の問題です。さあ、どうしましょう?解決方法をご紹介します!

 

通信制限から逃れる4つの方法

 

有料で速度規制を解除

まず僕がとりかかったのが、2,625円を携帯キャリアに支払って2GBまでの通信が通常速度で行えるようにしました。しかし・・・しかしです。7GBので通信制限を喰らった人間にとって2GBってあまりにも少な過ぎたんです。でも、もしあなたが月の下旬で通信規制にひっかかったのであれば、プラス2GBで乗り越えられるかもしれませんね。

 

自宅のwifiを利用

追加の2GBも危うくなってきた僕は、スマホを自宅にあったwifiにつなげ、自宅にいる時だけ、通信量がかかる作業をするようにしました。外出中にあまりネットに繋げないのであれば、自宅にいる時は自宅のwifiを使うことによって、通信制限の問題をクリアすることができますね。・・・が、僕の場合、どうしても外出中にもやらなければならない事があったので、外出中どうするかを考えました。

 

無料wifiスポットを探す

外出中は、無料のwifiスポットでスマホを使うことにしました。事前登録があるのでちょっと面倒ですが、スタバなどで仕事をする時は非常に助かるのです。でもいざという時にwifiスポットが見つからないことが結構あるんです。あと、無料wifiスポットで気を付けなければならない事は、セキュリティですね。誰でも使える環境なので不正アクセスされてしまうことも多いのが現状です。僕は仕事で重要なやり取りもするので、セキュリティが不安だとまずいのです。

 

Wimaxで通信無制限生活

そんなこんなで、色々試してきた僕ですが、最終的に行き着いたのが、Wimaxでした。Wimaxを使うと以下のようなメリットがあります。

 

  • 通信制限がない
  • スマホ以外の端末(PCやタブレット)等もwifi接続でき、インターネットが使える
  • 自宅でも外出中でも好きな場所でインターネットを楽しめる
  • 料金が安い

 

僕が使っているWimaxは、月額2,856円なので、スマホのパケット定額を解除して使ってます。パケット定額が5,700円もしていたので、

 

パケット定額5,700円−Wimax2,856円=2,844円

 

月2,844円も節約できた!しかも通信制限が一切ないので、いつでもどこでも好きなだけネットを楽しめるようになりました!この感動は実際に使ってみないとわかんないと思います。Wimaxのオフィシャルサイトはコチラ