公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)の注意点

MENU

公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)

 

スマホのユーザーが増えるのに比例して、公衆無線LAN(Wi-FIスポット)の数も多くなってきましたよね。数年前までは、外でネット環境を探すのに一苦労でしたが、最近は昔ほど困らなくなってきました。便利になってきたのは嬉しいんですが、その反面気を付けなければならないことがあります。それはセキュリティです。しっかりしたセキュリティ対策をしないで公衆無線LANを使うと、かなりの危険が潜んでいます。

 

 

 

公衆無線LANが危険な理由

パソコンやスマホの中身を盗み見される可能性がある

例えばあなたがカフェなのでネットショッピングを楽しんでいたとしましょう。その倍、同じWi-Fi圏内(この場合は同じ店舗内)からあなたが閲覧しているサイトのクレジットカード情報やIDやパスワードなどの個人情報を盗み見されてしまう可能性があるんです。

 

勝手に自分の端末にアクセスされる可能性がある

更に盗み見されるだけじゃなくて、あなたの端末内に無断で侵入して、端末に入っている情報(プライベートの写真屋連絡先など)をコピーされる危険性もあるんです。

 

他人に勝手に回線を使われたり、悪用される可能性がある

セキュリティがしっかりしていないアクセスポイントの場合、他人に無断で使われる可能性もあるんです。もし、アクセスポイントが悪用されたら、あなたになりすまして犯罪などに悪用されることもあるんです。

 

 

公衆無線LANを使用する際に気を付けること

SSLで暗号化された状況下で大事な情報のやり取りをする

固定回線でも、インターネットは通信内容を見られる可能性は0でじゃないですが、無線LANの場合、その可能性が数段上がります。それを防止するためには、SSLを利用しましょう。特にIDやパスワードなどのログイン情報やクレジットカード情報、名前、住所、電話番号、写真、動画など個人を特定できる情報をやり取りするときはSSLでしっかり暗号化された状況で送受信するべきです。

 

SSLを使っているかどうかの確認方法
  • URLが「https:」で始まっている
  • PCやスマホのブラウザに「鍵マーク」が表示されてる

 

ファイル共有機能を解除する

主に公衆無線LANをパソコンで使う場合ですが、ファイル共有機能が有効になっていると、他人からあなたのパソコンやタブレット、スマホなどに保存してあるファイルを読み取られたり、ウイルスを送り込まれる可能性があるんです。こんな事にならないためにも絶対にファイル共有を無効にするべきです。

 

ファイル共有機能の解除方法

OSによって若干やり方が違いますが、基本的には以下の通りです。

  • 無線LANに接続したら、画面右下に表示されるマークをクリックします。
  • 「ネットワークと共有センターを開く」を選択します。
  • 「アクティブなネットワークの表示」で「パブックネットワーク」を選びます。

これで、ファイル共有機能は解除されます。

 

 

セキュリティがしっかり施されたWi-Fiにアクセスする

公衆無線LANを利用するときに、「パスワードがあるから大丈夫」なんて安易に考えないでください。しっかりとセキュリティが施されたWi-Fiかどうか確認してください。どうやってセキュリティが施されているLANかどうか調べるか?セキュリティが施されてるWi-Fiは「WPA」と「WPA2」という表記があります。この2つの表記があれば、きちんとセキュリティが施されてる安全なWiFiだと思って大丈夫です。

 

間違っても暗号化が「none」のWi-Fiには接続しないでください。ここにアクセスしてしまうと、カモネギ状態ですよ。あと、「野良Wi-Fi」という言葉を聞いたことがあるかどうかわかりませんが、パスワードを入れないで使えるWi-Fiスポットなんですが、これも絶対にアクセスしないようにしましょう。

 

このページの先頭へ