StarbucksでWi-Fiを使うには

MENU

StarbucksでWi-Fiを使う方法

 

スタバでMacbookを使いながらカッコよく仕事している人見たことありますよね。あーいうのに憧れて僕もスタバで仕事したりする時もあります。今回は、そんなスタバでの無料Wi-Fiの使い方をお伝えしていこうかと思います。

 

 

 

スタバで無料Wi-Fi

 

全国に1034店舗あるスタバで850以上の店舗で無料Wi-Fiが使えるそうです。8割以上の店舗で無料Wi-Fiが提供されている計算になります。どの店舗でWi-Fiを使えるのかを知りたい場合、右のマークがあるお店かどうかを確認してください。このマークのあるお店は無料でWi-Fiを使えます。

 

「よし、このマークのあるスタバだ!これでタダでWi-Fiが使える!」って思ってしまったあなた、気を付けて下さい。無料Wi-Fiだけど場合によっては無料じゃない事があるということです。じゃあ、無料じゃない場合の説明をしますね。

 

スタバのWi--Fiが無料じゃない場合

 

そもそもスタバでWi-Fiを使うには、登録が必要になるんです。その登録はもちろんオンラインで登録するので、事前にスタバのWi-Fiを登録していれば問題ないのですが、登録しないでスタバに来た場合、Wi-Fi登録にお金がかかることがあります。もしスマホとかでインターネットにアクセスできるのであればお金はかかりませんが、ネット環境につなぐ術がない場合、以下のことが必要になります。

 

スタバの店舗内で、Wi-Fi設定としてSSID:Wi2に接続します。そこでワンタイムプラン(有料)を購入します。ここではクレジットカード決済のみしか受け付けてないです。ですので、クレジットカードを持っていない方は、スタバでWi-Fiを使うことができませんので、注意して下さい。最後にWi2 300にログインします。そこから登録をスタートします。

 

Wi-Fi登録方法

 

登録手続きは簡単です。以下の通りにやってください。

  1. 登録画面にアクセスします。
  2. メールアドレスとパスワードを入れて仮登録します。
  3. スタバから本登通知メールが送られてきます。
  4. 届いたメールに従って本登録をします。

 

Wi-Fi接続方法

 

スタバの店舗でネットワークからSSID:at_STARBUCKS_Wi2を選びます。そして以下の手順でログインしてください。

  1. ネットワークに接続したら、お使いのブラウザを起動します。
  2. ログイン画面が表示されるので、そこにログインIDとパスワードを入力します。

ログインできた場合、ログイン完了画面が表示されます。

 

スタバのWi-Fiの安全性は?

 

無料のWi-Fiだけに、安全性は気になりますよね。そこで、at_STARBUCKS_Wi2の公式ページのセキュリティ項目をみると、以下のように書かれています。

 

公衆無線LANサービス「at_STARBUCKS_Wi2」の無線LANは暗号化をおこなっておりません。この為、無線区間での通信内容の傍受とアクセスポイントのなりすましの危険性があります。ログインで使用するログインIDとパスワードはSSLで暗号化されていますので、上記の危険性はありません。

 

なんだか、あんまりピンとこないですよね。わかりやすくまとめると「一番最初のアクセスポイント認証の時の情報は暗号化されるから危険じゃないけど、認証された後のアクセスは暗号化されてないから危険な可能性があるよ。」ということです。要するに、Wi-Fiをただで提供するけど、自己責任でってことですよね。

 

実際スタバでWi-Fi使ってみるとわかるんですが、本当に高速で使い勝手がいいです。でもやっぱりしっかりしたセキュリティ環境じゃないと、どんな危険にさらされるかわからないので、セキュリティは過ぎるぐらいしっかりしておきましょう。

 

根が面倒くさがり屋だからなのかもしれませんが、僕はやっぱり公衆無線LANのセキュリティに不安を覚えるから、いつもWiMAXを持ち歩いてるんです。スタバ以外でもどこでも安全な環境でネットが使えるのは、やっぱり安心ですよ。

 

WiMAXの公式ページはコチラ

このページの先頭へ