テザリングのまとめ

MENU

テザリングについて

 

最近よく聞く言葉に「テザリング」があります。よく間違って「デザリング」って言っている人がいますが、間違いですので、誰か「デザリング」って言ってたら「テザリング」の間違いだよってやさしく教えてあげてください。

 

じゃあ本題に入りますが、テザリングってどんな意味でしょう?テザリングは英語でTetheringといいますが、その意味は「PCなどの情報機器をスマートフォンにつないで、スマートフォンをモデムとして用いて、ネットワークに常時接続する機能、またはその手法」と書かれています。要するに、「ネット環境にないんだけど、どうしてもパソコンを使いたいとき、持っているスマホをWi-Fi代わりに使って、ネット環境をつくっちゃおう」という事です。

 

テザリングの種類

Wi-Fiテザリング

Wi-Fiを使った無線通信タイプです。Wi-Fiのテザリングの利点として、まずスマホを自由な場所に置いておけることです。配線等も一切必要ないので、3つのタイプの中で一番簡単です。でもUSBタイプと比べると通信速度が遅かったり、バッテリーの消費が速いデメリットもあります。あとは無線通信なので、セキュリティに気を付けなければいけないですね。ただし、同時に複数の端末をネット環境にできるのは便利です。

 

通信速度       
セキュリティ     
バッテーリーの持ち  
接続台数       

 

USBテザリング

USBを使った有線通信タイプです。スマホとパソコンやタブレットをUSBケーブルで直接接続して使うので、ちょっと面倒くさいところもありますが、Wi-Fiタイプに比べて、通信速度も速いし、接続している端末によっては、スマホを充電しながらテザリングできる場合もあるので、バッテリーの消費を気にしないで使うことができます。ただし、接続台数は1台しかないので、複数の端末に同時接続したい場合には不向きです。

 

通信速度       
セキュリティ     
バッテーリーの持ち  
接続台数       

 

Bluetoothテザリング

Bluetoothを使った無線通信タイプです。通信速度はこの中で一番遅いですが、Wi-Fiに比べてバッテリーの消耗が遅いです。セキュリティ面でも、同じWi-Fiと比べてマイナーなBluetoothなので、ハッキングされる可能性は若干少ないというちょっとした安心感はあります。ただ、接続台数は1台しかないので、USB同様、複数の端末をネット環境にしたい場合には不向きです。

 

通信速度       
セキュリティ     
バッテーリーの持ち  
接続台数       

 

テザリング使用に関する注意点

セキュリティ

特にWi-Fiでテザリングするときに気を付けたいのが、セキュリティです。スマホでWi-Fi接続をオンにするとSSDIとパスワード情報が漏れる可能性があります。あとは、赤の他人が勝手にあなたのスマをを使ってテザリングすることもできます。これを防止するためには、あなたのスマホを介してテザリングできる端末を制限することです。各パソコンにMACアドレスがあるので、あなたの指定したMACアドレスだけをテザリングできるようにすれば、それ以外の端末はあなたのスマホを使ってテザリングすることはできなくなります。

 

通信速度制限

これはテザリングの致命的なマイナスポイントですが、テザリングをすると通信量が増えます。通信量が増えるってことは、あなたのスマホが通信速度制限にかかる可能性がめちゃくちゃ高くなります。なので、テザリングはなるべく最小限に抑えるようにしたほうがいいです。大事なメールが届いて、どうしても今すぐにパソコンからメールを送らなくちゃいけない時とか、緊急時の対応と思ってください。

 

ドコモ、au、ソフトバンク各社テザリングの通信速度と速度制限

各社の通信速度と通信速度制限までの通信量は以下の通りです。通信量が一定に達すると通信制限がかかって最大128Kbpsになっちゃうので、本当に気を付けてください。

キャリア

OS

通信速度(受信/送信)

通信速度制限

ドコモ

iOS

Android

HSPA = 14Mbps/ 5.7Mbps

LTE = 75Mbps/ 25Mbps

通信量が1日あたり233MB(月7GB)

au

iOS

Android

WHS= 9.3Mbps/ 5.5Mbps

LTE = 75Mbps/ 25Mbps

通信量が1日あたり233MB(月7GB)

ソフトバンク

iOS

Android

HSPA = 14Mbps/ 5.7Mbps

LTE = 75Mbps/ 25Mbps

通信量が1日あたり233MB(月7GB)

 

 

 

 

 

このページの先頭へ