公衆無線WiFiを使うのは本当に危険

MENU

公衆無線WiFiの危険性とは

 

最近、多くの外国人が日本へ旅行でやってきています。また、今後も2020年の東京オリンピックに向けて、更なる訪日外国人の数が増えていく事が予想されています。

 

そんな中、海外の旅行者から日本旅行で不満に思う事の上位を占めるのが、無料WiFiの少なさです。日本は先進国の中でも、無料WiFiの整備が相当遅れている国なのです。

 

現在東京オリンピックに向けて、日本各地で急ピッチに無料で使える公衆WiFiの整備を進めています。最近では、レストランやカフェ、駅、空港などの公共の場所で使える公衆WiFiを使用したことがある人も多いのではないでしょうか?

 

でも、知ってましたか?

 

公衆無線WiFiって思っている以上に危険が潜んでいるんですよ。

 

公衆WiFi利用の問題点とは?

 

例えば、カフェで無線WiFiに繋げようとした時、「このWiFiは通信を傍受される恐れがあります」などの忠告を見た事があると思います。これはどういう意味かと言うと、「あなたの通信が他人に丸見えになる可能性があるけど、何かあっても自己責任でお願いします。」という事です。

 

しかも、あなたのクレジットカードの番号や暗証番号、写真や動画などプライベートな情報を盗まれる可能性もあるのです。つまり、セキュリティー対策が全く施されていないのです。

 

公衆無線WiFiのセキュリティー問題

 

■WiFi使用の際にパスワードなしで使える場合

 

無料WiFiをパスワードなしで接続することができる場合、無線での通信が暗号化されていないので、ITにちょっと詳しい人間であれば、簡単にあなたのスマホやPCの内容を傍受・盗聴することができてしまいます。

 

ただしブラウザーで鍵マークがついているSSLやTLSなどで通信そのものが暗号化されている場合は、傍受・盗聴されることは心配しなくても大丈夫でしょう。しかし、鍵マークがついていない場合は危険と隣り合わせです。

 

■パスワードが公開されている公衆無線WiFiの場合

 

暗号化されているなら接続して問題がないかと言えばそうではありません。ユーザーの利便性を優先するためにパスワードが公開されている場合、誰でもアクセスできてしまうので、上記同様、ある程度の知識があれば簡単に情報を盗むことができてしまいます。

 

■なりすましアクセスポイントについて

 

なりすましアクセスポイントとは、例えば第3者がカフェにWiFiのアクセスポイントを持ち込んで、そのカフェのWiFiと同じSSIDとパスワードを入れることによって、そこのカフェでWiFiを利用する人は、自動的にその第3者が設定したアクセスポイントに接続してしまいます。

 

そうすると、そのアクセスポイントを利用している人のスマホやPCなどの端末の内容は丸裸で、さらにその内容を勝手に書き換えられたり、大事なパスワードを盗まれたり、犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるのです。

 

これらのように、公衆無線WiFiはあなたが思っている以上に、非常に危険が伴います。便利と安全のどちらを優先するかは個人の判断によりますが、何かあってからじゃ遅いです。

 

どうやって安全に外出先でインターネットを使うか?

 

結局はモバイルルーターを持参するのが一番なのです。自分のモバイルルーターであれば、あなたが他人にパスワードなどを教えない限り、あなた以外アクセスることができないので、どこで使っても安心です。

 

最近ではWiMAXなどのモバイルルーターも進化してきているし、月額料金も3000円程で使う事もできます。安心してインターネットを使うには、モバイルルーターを使う事が今の段階では最善の方法なのです。

 

WiMAXについて詳しく知りたい場合はコチラを参考にしてみてください。

このページの先頭へ